1. TOP
  2. 志望動機の書き方
  3. 例文

MR:医薬情報担当者の志望動機の例文

例文1「薬剤師から方向転換」

薬剤師を目指して薬学部に進学しましたが、現在は、MRを志しています。
大学で薬を学ぶ中で知って驚いたのは、患者さんの状態によって、薬は良く効く場合もあれば、逆に、副作用の危険が大きくなることもあるということでした。
私はそれがきっかけで、薬の有効性と安全性を伝える仕事に興味を持ち、就職活動をする中で、医薬品の市販後調査であるPMS(Post Marketing Surveillance)に特に力を入れられている御社の姿勢に惹かれました。
御社であれば、やり甲斐を感じながら仕事に取り組めると考え、志望させていただきました。

例文2「専門家として能力を発揮したい」

私は、MRは、純粋に医薬の情報を提供する仕事であるという点に魅力を感じています。
専門家として自信を持って、やりがいを感じながら、私の持ち前の明るさやプレゼンテーション能力をフルに活かした仕事ができると感じるためです。
そして、御社は、病院などの施設を担当するMRと、がんなどの各病気に詳しいMRの双方とを設置して、連携して効果的な営業活動をしているとお聞きしています。
その営業スタイルが、MRの能力を高めることにも繋がっているのだと思います。
御社に入社することができましたら、たとえば、ドクターが治療薬に悩んでいるときに、患者の病気を理解した上で、製品を分かりやすく説明できる、高度な専門知識を身に付けて仕事に取り組みたいと思います。

例文3「薬の魅力を伝えたい」

私は、大学一年生のときに自分が服用した薬について調べたことをきっかけに、薬の作用の仕組みの「複雑さ」や「奥深さ」に面白みを感じるようになりました。
それ以後は、将来的に薬に関する仕事がしたいと考えるようになりました。
現在は、薬に関わる仕事の中でも、特にMRに魅力を感じています。
薬について「伝える」仕事であるため、自分の努力次第で伝え方に工夫ができ、また、専門性が高いため、積極的に自分の能力を高められるからです。