ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 自己PR文の書き方
  3. 例文

サービスの質を高める,サービス向上-新卒の自己PRの例文

サービスの質を高めた経験や、サービス向上に取り組んだ経験を強みとしてアピールする自己PRの例文を紹介します。

例文1 コミュニケーションを大切にする

私は、大手ホテルの予約センターで働いています。

予約センターの役割は、ホテル全体のことを把握し、お客様に最高の体験をしてもらう手助けをすることです。

以前、ある奥様がホテルを予約されたことがあり、そのとき、会話の途中で、「大切な日なので・・・」という言葉がありました。

私はその言葉を聞き逃さず、「差し支え無ければ、事情をお話しいただけますか?」と会話を広げていき、夫婦の結婚記念日であることが分かりました。

このように、私は、お客様が泊まられる際にどんなことに気を配れば良いのか、会話の中から見つけようと努力しながら働いていました。

社会人になれば、お客様とコミュニケーションを取る機会が多くあると思いますが、ひとつひとつのコミュニケーションを大切にし、お客様へのサービスにつなげていきたいと思います。

例文2 マニュアルを作成した

私は、フランス料理の専門店で2年間働いています。

店には接客マニュアルはなく、新人のアルバイトには口頭で教育をしていました。

しかし、それでは、接客内容にばらつきが生じ、均一なサービスが提供できないという問題がありました。

たとえば、クレーム対応など、難しいことへの対応方法が確立されていない状態でした。

そこで私は、サービスを向上させたいという思いから、自ら接客マニュアルを作成し、受け答え方法や、上司への報告を含めた対応方法について記入しました。

サービスを向上させていくことは、社会人に不可欠な姿勢だと思いますので、それを維持していきたいと考えています。

参考に、自己PRの書き方を、別の記事に紹介しています。

自己PRの書き方