ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 短所の診断テスト

短所の診断テストです。ぱっと直感で選びましょう。
自分の短所がはっきり分からないときの参考にご利用ください。

Q.将来、大きなことを成し遂げて注目されたい

Aタイプ

このタイプの方は、理想を描きやすく、「これはこうあるべき」と固く考えてしまう傾向があります。
自分の価値観にこだわりすぎると、周りの人や環境に不満を持ちやすくなります。
ほかの人の価値観も受けとめて、柔軟に対応することが大切です。

Bタイプ

ミスをしたり、叱られたりすると、どちらかというと自分を追い込んまう傾向があるタイプです。
いったん気持ちが沈むと、立ち直るのに時間がかかってしまいます。
後悔しつづけるのではなく、今後どうすれば良いかを考えることが大切です。

Cタイプ

このタイプの方は、周囲に気を配ろうとして、自分を抑えてしまい、周囲に合わせすぎたり、応じすぎたりするところがあります。
自分が少し我慢すればうまくいくと思っていても、それが続くと、ストレスを溜め込むことになってしまいます。
心に無理が生じないように、相手に主張したり、断ったりする勇気を持つように心がけましょう。

Dタイプ

心配性な面をもっているタイプです。
問題が起こる前から不安になるよりも、前向きになることが大切です。
他人に応援してもらったり、他人の失敗経験を聞いたりして、心を軽くすると良いでしょう。

Eタイプ

自分を客観的に見ることができる反面、大きな目標を立てることが苦手なタイプです。
いきなり「こうなりたい」という自分の理想を明確にすることは難しいので、小さな目標を立てて達成することを繰り返しましょう。
その中から、次第に大きな目標を見つけていくことができます。

Fタイプ

このタイプの方は、使命感に燃えて頑張れるタイプです。
しかし、その努力が実らなかったときにモチベーションが大きく下がりやすという欠点があります。
プレッシャーなどの精神的なストレスが限界に達する前に、気分転換をすることが大切です。

長所の診断テストの紹介

なお、長所を診断できるテストも用意しています。
自分の長所が分からないときの参考にしてください。

長所の診断テストをする