ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 就活とメンタルヘルス
  3. ストレス解消法

就活のストレス解消方法

就活とストレス

就活はストレスがたまります。

ストレスは免疫力の低下や、血糖値の上昇など、健康面にも影響します。

ストレスは、対処の仕方が重要です。

ここでは、いくつかストレス解消法を紹介します。

自分に合った解消法を実行していきましょう。

考え方を肯定的にしてみる

ストレスと上手に付き合うためには、ストレスの要因を知ることが大切です。

そのために、ストレスを感じたときは、まず、気持ちを整理してみます。

自分がどんな考え方をしているのかを紙に書き出してみましょう。

もしも、たとえば「大企業に就職するべきだ」という考え方が見つかれば、「大企業でなくても幸せな人生を送れるかもしれない」という違った角度から考えてみるとよいでしょう。

肯定的な考え方は、気持ちを楽にすることにつながります。

原点を確認する

就活をしていると、自分の考えがぶれてしまうことがあります。

なぜ就職するのか、自分の中の理由を再確認することが重要です。

エントリーシートや面接に追われる毎日から、目的をもった就活へ変えることができます。

音楽を聴く

ストレス解消に、好きな音楽を聞くことがおススメです。

音楽は交感神経を抑制し、副交感神経を優位に導いてリラックス効果を発揮します。

音楽には懐かしい記憶や感動を甦らせる効果もあり、右脳の活性化、意欲の向上にもつながります。

リラックスする時間をつくる

一日の中で、ひと息つける時間をつくることも重要です。

とくに、入浴では、身体全体をお湯に浸からせ、ただぼーっとしているだけも、リラックスできます。

ぬるめのお湯(38〜40℃)に、じっくり長時間入ることで、身体は緊張状態から解きほぐれます。

入浴剤やアロマを使うと、より一層効果が出ます。

生活リズムを戻す

就活で忙しいと、生活のリズムが崩れがちです。

「食べる」「寝る」「遊ぶ」のバランスを取ることが大切です。

栄養バランスに気を付け、睡眠時間を確保します。

また、友人などと遊び、楽しいと思える時間をつくることが大切です。

誰かと話し合う機会をつくる

自分の気持ちを周囲の人に伝えることで、気持ちを整理できる場合があります。

社会人と話してみることも良いでしょう。

相手の意見を聞くことで、新たな発見や気づきが期待できます。

運動不足を解消する

就活中は一年の中でもっとも忙しくなる時期です。

そのときに、運動不足を気にすると、余分なストレスになります。

忙しいときの運動には、短時間で体と心をリフレッシュできるストレッチングがお勧めです。

筋肉を 10 〜 20 秒間伸ばすストレッチング刺激が良いでしょう。

つぎのようなタイミングがお勧めです。

  • 朝、寝床から起き上がる前
  • 面接の前(緊張を和らげるため)
  • 筋肉が硬く感じられたとき
  • パソコンやスマートフォンの入力作業の後
  • 長時間同じ姿勢を続けたあと
  • 就寝前(疲れが溜まっていたら)