ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 労働と法律
  3. 退職願の取り下げ

退職願を取り下げ・撤回できるタイミング

ビジネスマンが、転職のために退職願を出したが、考え直し、退職願を撤回したいという場合があります。

いったん退職の申し入れを会社が承諾してしまった場合、それを撤回することはできるのでしょうか。

以下、解説します。

解説

結論

結論から述べると、基本的には、会社がいったん「退職をしてもよい」と承諾の意思表示をすると、退職願の取り下げや撤回はできません。

ただし、承諾の意思表示の前であれば、法律的に、撤回することが可能です。

理由

退職願の提出は、従業員からの労働契約の解約の申し込みにあたります。

一般的に、契約の解約は、申し込みと承諾があって成り立ちます。

よって、会社が「退職してもよい」と会社が承諾すれば、労働契約解約の合意が成立したことになります。

すなわち、退職が法律的に有効に成立します。

したがって、退職願について、会社が承諾の意思表示をした後は、撤回することは難しくなります。

他方、承諾の意思表示をするまでは、会社に不測の損害を与える等の信義に反する特段の事情がない限り、会社には、撤回に応じなければならない義務があります。

もしも、退職の承諾がまだなのであれぼ、会社が拒否しても争う余地がありますので、撤回をあきらめることの無いようにしましょう。