ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 自己PR文の書き方
  3. 例文

パソコンが得意-新卒の自己PRの例文

パソコンが得意なことを強みとしてアピールする自己PRの例文を紹介します。

例文1 情報処理に詳しい

私は、パソコンの扱いが得意です。

高校生のときから、パソコンを自分で組み立てることができ、今では、自分が必要とする機能のみを備えた環境を構築できます。

また、大学では、物理実験の講義のレポートの作成を通じて、ワープロ、表計算についてマスターし、事務作業能力も身に付けました。

現在は、情報処理技術者試験に合格するための学習にも取り組んでおり、ネットワークや、情報セキュリティに関する知識を積極的に学んでいます。

今後、コンピューターに関する知識は、貴社の業務において、ますます重要になっていくことは確実です。

私の知識や技術が、必ず役に立つと思います。

例文2 エンジニアに必要な知識がある

私はPCに関する知識が豊富です。

以前、アルバイトでパソコン講師のインストラクターをいていたことがあり、マイクロソフトのオフィスソフトはすべてマスターしています。

また、インストラクター業務を通じて、パソコン操作を人にわかりやすく伝えるための言い方や、接し方なども実につけました。

さらに、私は趣味でプログラミングを学んでおり、アプリケーション開発もしています。

私は貴社のエンジニアを志望しておりますので、パソコンやプログラムに関する知識や、自分の知識を人に伝える経験をもっていることは、私の強みであると考えています。

参考に、自己PRの書き方を、別の記事に紹介しています。

自己PRの書き方