就職活動
  1. TOP
  2. 自己PR文の書き方
  3. 例文

笑顔と相槌

例文 笑顔と相槌をきっかけにした雰囲気づくり

私は、人と関わるとき、まず最初に笑顔を向け、それから挨拶することを意識しています。
人は、相手と同様の態度を返してくることが多いからです。
実際にアルバイトで接客していたとき、笑顔によって、必ず良い雰囲気が生まれ、商品の購入などに繋がりやすくなりました。
また、相手の心をほぐすため、相槌(あいづち)を心がけていました。これは、相手が話をしやすくなるようにするためです。
さらに、これらの工夫によって、顧客との会話の中から、別の商品を購入するきっかけが生まれたケースも数多くあります。
私は、商品の事を詳しく調べることに努力を惜しまない性格ですので、豊富な知識を武器に、様々な状況や質問に対応する自身があり、これが私の強みだと考えます。