ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 社会貢献と仕事選び

社会貢献を実感できる仕事に就く方法

社会貢献したいがラインキング上位

学生が就職先で実現したいことをランキングすると、常に「社会貢献したい」が上位にきます。

これは、「社会貢献している会社に就職したい」という意味のようです。

就活生の多くが、こう考えていることから推測すると、就活生の多くは、会社の営利活動(利益を得る活動)を、社会貢献とは無縁の活動と捉えているのかもしれません。

しかし、見方を変えると、どんな会社の業務も、結果として社会に貢献していると考えることができます。

たとえば、「物やサービスの提供を通じて、消費者や取引先のニーズを満たす」、「雇用を生み出し、賃金を支払う」、「税金を納める」などです。

したがって、会社に所属して働くということは、社会貢献に一役買っているということになります。

積極的な社会貢献の方法

しかし、上記のような社会貢献の内容でも満足できない場合は、違った形で、積極的な社会貢献活動をすることもできます。

活動の対象は、貧困、飢餓、自然破壊、気候変動、天災、人種の対立、文化の摩擦から生じる問題など、さまざまな社会問題があります。

活動の分類には、たとえば、以下の選択肢があります。

個人でできる社会貢献活動

個人でできる社会貢献活動には、募金などの寄付やボランティア活動(慈善活動)などがあります。

働きながらでも、プライベートの時間を利用して活動できます。

ただし、個人的な活動であるため、継続的に取り組むのが難しく、また、できることには限界があります。

個人レベルではできない活動を行うには、下記のように、団体の一員として持続的に、中規模・大規模な社会貢献活動をするのが良いでしょう。

団体の一員として行う社会貢献活動

1.社会問題を解決する事業(ソーシャルビジネス)に積極的に取り組む営利企業に就職する

 → 株式会社、LLC(合同会社)、LLP(有限責任事業組合)、一般社団法人、一般財団法人など

2.ソーシャルビジネスに取り組む公益法人に就職する

 → 公益社団法人、公益財団法人

3.NPO法人に就職する

 → 内閣府のホームページで検索できます【NPOを探す】

4.起業して自ら社会貢献事業を行う

 → 個人事業として事業を行うか、株式会社などの法人を設立して事業を行います。

5.青年海外協力隊に参加する

 → JICAのホームページで情報が見れます【募集情報】

社会貢献色の強い団体の紹介

なお参考までに、会社や団体の中には、社会貢献色が強いものがありますので、以下に代表例を紹介します。
詳細はリンク先をご覧ください。

▼国際貢献

国連UNHCR協会

国際NGO AAR Japan

一般財団法人海外産業人材育成協会(HIDA)

▼医療

国立病院機構

社会保険診療報酬支払基金

医薬品医療機器総合機構(PMDA)

▼教育

国立大学法人グループ

公立学校共済組合

私学事業団

▼金融

日本年金機構

企業年金連合会(Pension Fund Association)

預金保険機構

日本銀行

日本政策金融公庫

日本政策投資銀行

全労済

▼法律

法テラス

日本弁護士連合会

中央労働災害防止協会

▼食品

JA 全中

JA全農(全国農業協同組合連合会)

JF全漁連

▼そのほか

一般社団法人 日本レコード協会

日本財団

一般社団法人 全国住宅供給公社等連合会

生活協同組合

商工会議所

日本自動車連盟(JAF:ジャフ)

日本気象協会