ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 自己PR文の書き方
  3. 例文

成長意欲や成長力がある-新卒の自己PRの例文

成長意欲や成長力をアピールする自己PRの例文を紹介します。

例文1 厳しい環境に身をおく

成長意欲の強さが、私のセールスポイントです。

これまで私は、自分の身を厳しい環境の中におくことで、成長してきました。

そのひとつは、大学三年生のときに一人で行ったアジア旅行です。

当時の私は、精神的に自分に甘いところがあり、人から指摘されるたびに、このことがコンプレックスとなっていきましたが、言葉も通じない、自分以外に頼る人はいないという環境を経験し、精神的に強く成長することができました。

ビジネスの現場では、これまでと違い、先生はいません。自ら成長していこうとする「成長力」が求められます。

今後、御社において、成長力をもとに、最大限のパフォーマンスを提供していくことができれば、と考えています。

例文2 悔しさをバネにする

私は、悔しさをバネにして、自分を成長させてきました。

実は、私は、中学校で英語を学んでい以降、英語を学習するのが楽しみとなったことがきっかけで、大学の英文科に入学しました。

しかし、大学2年生の夏休みに初めてイギリスへ行ったときに、得意と考えていた英語が通じず、大変悔しい思いをしました。

そこで、帰国後、大学の外国人の講師などに話しかけるなどして、日ごろから、英語でコミュニケーションをとる練習を重ねました。

結果、いまでは、海外の方とも、不自由なく会話できるようになりました。

例文3 自分を客観視する

私は、自分を客観的に見るために、日記をつけています。

その日に行った勉強や研究の内容と、結果を記入しています。

これにより、自分の過去を振り返るのが容易となり、現在の自分と比較することができます。

特に役立つのが、過去の失敗の内容を思い出すことができ、同じ失敗をすることがないようにしたいと意識できる点です。

今後、社会人として仕事するうえで、この習慣を続けていきたいと思います。

そして、課題を見つけて目標を立て、自分のレベルを向上させていきたいと考えます。

参考に、自己PRの書き方を、別の記事に紹介しています。

自己PRの書き方