ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 労働と法律
  3. 残業の単位

退職金制度がないのは違法か

退職金は、老後の大切な生活資金です。

しかし、退職金は、「もらえて当たり前」ではありません。

実際に、中小雫細企業などでは、退職金のない会社が多数あります。

退職金と法律

退職金の制度がないことは違法ではないのか?と思う方は多いかもしれません。

結論から言えば、実は、民間の企業は、法律上、退職金を支払う義務はありません。

したがって、就職しようとする会社に、退職金規定があるかどうかは、重要なポイントです。

退職金制度が有る場合と無い場合とで、その会社への入社意欲が大きく変わることがありますから、会社選びの際は、注意して企業情報を確認しましょう。

ちなみに、退職金制度がある企業でも、業績の悪化や倒産を理由に会社が「退職金を支払えない」という場合、法律上の支払い義務が無いため、強制的な回収ができません。

労働者が泣き寝入りするしかないという状況は、たびたび発生していますが、これは法律上、やむを得ませんので、諦めるしかありません。

なお、公務員の場合は、法律で支払いが保証されていますし、財源がありますので、確実に退職金もらうことができます。