ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 長所と短所の書き方
  3. 例文

責任感が強い/完璧主義,几帳面すぎる

「責任感が強い」を長所とし、「完璧主義,几帳面すぎる」を短所とする例文を紹介します。

例文1

責任感が強いのが私の特徴です。

自分が任されたことは最後まで遂行し、完成させたいタイプです。

ゼミでグループに研究課題が出されたとき、率先して資料集め、課題の割り振り、内容のまとめまで、ほとんどを仕切っていました。

そのため、責任感があると周りから言われていました。

しかし、完璧にやろうとするところがあり、柔軟性がないとも言われることがあります。

チームでの仕事は、チームワークが大事だと思いますので、この点は、改善し、融通が利くように、自分を改めていきたいと考えています。

例文2

私は、責任感が強いため、どんな仕事でも真面目に取り組み、完璧にこなしたいと考えています。

私これは、自分では長所だと考えています。

一方、短所は、その責任感からくる問題なのですが、他人にも、強い責任感で仕事をすることを求めてしまう点です。

実際にアルバイトで経験したのですが、私が仕事を教える立場になったとき、後輩にも、自分と同じような仕事の完成度を求めてしまいました。

さらに、後輩がもたもたと作業しているときには、「自分でやったほうが早い」と思い、私が仕事をやってしまうことが何度かありました。

しかし、最近、このままではいけないと考えるようになりました。

相手は自分と違うタイプの性格であることを意識するようにし、自分と同じようにはいかないことを前提にして、指導することを心がけています。

参考に、長所と短所の書き方を、別の記事に紹介しています。

長所・短所の書き方