就職活動
  1. TOP
  2. 認知的不協和と態度変容

心理学から見た企業選びの注意点-認知的不協和と態度変容

たとえば、ある人が、「私はタバコを吸っている」と認識している一方で、「喫煙者は肺がんになる可能性が高い」と理解しているとします。

このように、矛盾する二つの認知があることは、「認知的不協和」と呼ばれます。

認知的不協和は、不快感やストレスを生み出します。

そこで、人は認知的不協和があると、矛盾を解消しようとするため、都合のいいように自分の考え方を変えてしまいます。

これは「態度変容」と呼ばれています。

具体的には、自分を納得もしくは正当化できるように認知を変えたり、新たな協和する情報を集めたり、重要ではないことだと思い込んだりします。

タバコの例だと、「喫煙はストレスの解消になる」などと効果を強調したり、「タバコで肺がんになる確率はかなり低い」などと害を少なく見積もったりします。

就活と態度変容

企業選びでいうと、たとえば、自分の第一希望の業界とは違う業界の会社に応募するとき、認知的不協和になります。

金融業界に就職したいのに、インフラ業界の採用に応募するような場合です。

このとき、人は無意識のうちに矛盾を解消しようとします。

たとえば、「面接の練習のため」、「滑り止めだから」などと考えて自分を納得させようとします。

また、インフラ業界の仕事のやり甲斐に関する情報ばかりを集めて、採用への応募を正当化しようとします。

態度変容の弊害

就活では、たくさんの企業を受験するため、この認知的不協和が生まれやすくなります。

しかし、そのたびに自分を納得させたり正当化したりと、態度変容を繰り返すことには弊害があります。

それは、元々やりたかったことが不明確になってしまうことです。

先の例だと、就活の途中から、「インフラ業界も悪くない」などと思い始めてしまい、金融業界に的を絞り切ることができなくなってしまいます。

結果として、就活の効率が落ちてしまう危険があります。

対策

就活では、都合のいいように考えを変え続けていては、心に負担が溜まるだけで、本当の解決にはなりません。

この認知的不協和の問題を解決するためには、いやな気持ちを正直に受け止める必要があります。

そして、いやな気持ちが生まれた原因をよく考え、「自分が本当にやりたいことは何か?」と再度、自分に問いかけると良いでしょう。