ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 自己PR文の書き方
  3. 例文

短い言葉で伝えられる-新卒の自己PRの例文

短い言葉で伝えられることをアピールする自己PRの例文を紹介します。

例文 相手が分かりやすいようにと意識する

私は、自分の考えを、短い言葉で、簡潔に説明するように意識しています。

以前、会計事務所のアルバイトで、私は新人の指導担当になりましたが、はじめのころ、新人から、「説明が長くわかりにくい」とか、「専門用語ばかりで説明を理解するのが難しい」と、言われました。

数人いるバイトの中で、業務作業量が一番多く、仕事ができると自負していた私にとって、この言葉はとてもショックでした。

自分ではわかりやすく説明しているつもりでも、新人にとっては、わかりにくい説明となってしまっていたのです。

そのことを自覚してから、私は、話をするときに、前置きを少なくし、重要ポイントだけを、簡単な言葉を使って説明するように心がけました。

そうしたところ、新人から、「○○さんの説明はわかりやすい」とまで言われるようになり、さらに、新人の成長が早くなるという効果まで得られました。

社会に出てからは、これまで以上に、自分の考えを説明する場面が増えると思いますので、そのときに、うまく相手とコミュニケーションが取れるように、短い言葉で、相手が理解しやすく、記憶に残りやすいように努めて生きたいと考えています。

参考に、自己PRの書き方を、別の記事に紹介しています。

自己PRの書き方