ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 就活とメンタルヘルス
  3. 励ます方法

就活生のやる気を引き出す励まし方

大切な人が、就活へのやる気を失っていたり、落ち込んでいたりするとします。

それを「なんとかして励ましてあげたい」と思ったとき、どうすればよいでしょうか。

ここでは、励まし方について解説します。

励まされて頑張れる人は多い

ふだんは元気な人でも、何度も面接に落ちると、それまでが嘘のように、活力を失い、まったくやる気が出なくなることがあります。

人格が否定されたような錯覚におちいり、やる気を失ってしまうのです。

本来は、そんなとき大切なのは「自己調整」です。

これは、自分で、自分のやる気を調整するという意味です。

具体的には、自分のモチベーションが低下したときに、なぜそうなったのかを自己診断し、もう一度モチベーションを高めることです。

しかし、現実には、自分でやる気を調整できる人は少ないです。

多くの人は、他人から元気づけられたり、勇気付けられたりする必要があります。

では、どうすれば、友達や、彼氏/彼女に、やる気を出させることができるのでしょうか。

適切な励まし方

やる気の源は、人によって様々です。

つぎのように、さまざまなパターンがありえます。

・就職して夢を実現したい
・就活で成長する自分を楽しみたい
・高い給与をもらって生活したい
・大企業に入って周りの人から認められたい

したがって、励ましたい相手が、自分と同じタイプの人間だと思ってしまうと、その動機を押し付けることに繋がってしまいかねません。

たとえば、「夢を実現させたい」と思っている友人が落ち込んでいるときに、「大企業に入れるかもしれないから、がんばって就活したほうがいい」などと話しても、やる気を引き出すことはできません。

つまり、それぞれの考え方に合わせて、やる気をうまく出させる方法を見つけることが必要となります。

そこで重要なのが、いきなり励ますのではなく、相手とじっくりと対話して、相手にどのような欲求があるのかを深く掘り下げて知ることが大切です。

また、周囲の人に、友人(あるいは彼氏/彼女)のやる気を引き出すことができた体験談を聞くことも良いでしょう。

さらに、似たような境遇で就活を成功させた先輩などから、経験談を聞くのも参考になります。