ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 就活とメンタルヘルス
  3. うつ病と転職

うつ病の病歴を隠したまま転職したらどうなるか

はじめに

うつ病を発症して休職したあと、うつ病から回復したが、元の職場には戻りたくないという理由で、「転職したい」という方は多いと思われます。

ここでは、うつ病になったことのある方が、転職するときの問題点についてまとめます。

これから転職を考えている方は参考にしてください。

なお、これから就職活動をはじめる学生の方も参考になる部分があると思います。

うつ病を隠して入職

うつ病だった人が転職するときに問題となるのは、かつて「うつ病」だったことを隠して入職し、その後に再発した場合です。

解雇になるか

一般的には、重大な経歴を偽って採用された場合は、解雇の対象になります。

うつ病を隠して入職したことが、解雇理由になるのでしょうか。

法的には、『うつ病だったこと知っていたら採用しなかった』と言えるような特殊なケースでないと、解雇理由にはあたりません。

したがって、うつ病だったことを隠して転職しても、解雇されることは無いといってよいでしょう。

また休職できるか

うつ病を再び発症してしまった場合でも、転職先で「継続して働きたい」という場合は、休職することが可能です。

本来、休職の制度は、私傷病を理由に職員が働けなくなったときのための制度となりますので、再発したうつ病でも活用することができます。

復職について

休職期間の途中、あるいは、休職期間の終了時に、医師によりもとの健康状態と判断されれば、復職が可能です。

復職の場合、基本的には、もとの労働条件で、もとの仕事を担当することができます。

ただし、いきなり元の仕事に復帰するのは体力的・精神的にむずかしいことがあります。

その場合は、もしも医師が「軽易な業務であれば復職可能」といった診断をしているのであれば、会社側は、復職が可能な業務を十分検討しなければならない義務がありますので、簡単な仕事をさせてもらえるように要求することができます。

おわりに

入職してすぐに再発してしまうのは、本人にとっても、会社にとっても好ましくありません。

したがって、リハビリを行うなどして、再発しないようにする取り組みを、就職や転職の前に、しっかりしておくことが望まれます。