ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 自己PR文の書き方
  3. 例文

向上心がある-新卒の自己PRの例文

向上心があることをアピールする自己PRの例文を紹介します。

例文1 スキルを磨く

私は、自分の能力を高めることに努力を惜しみません。

たとえば、去年、学会発表用の資料を作成する機会がありました。

このとき、私は、書類作成スキルを磨いて、学会に提出しても恥ずかしくない書類を作りたいと考え、大学の図書館に通い、文法的に正しい文章の書き方を学んだり、学術論文の基本的な作成方法を学んだりしました。

また、文章作成ソフトの使い方を、説明書を熟読して学びました。

結果、満足のいく資料を作ることができました。

このように、私は、自分の能力は努力次第で伸ばせるものと考えています。

例文2 向上心を強く持っている

私は、御社の通販事業で活躍出来る人材になりたいと考えています。

実は、私の親族が、小売業を営んでいます。私は、それを目の当たりにして育ったため、以前から小売関係の仕事で活躍したいと考えていました。

就職後に力を発揮したいという思いから、販売士2級を取得しました。今は、1級の取得を目指し、勉強しています。

働き始めると、勉強しなければならないことは他に多くあると思いますが、向上心を強く持ち、どんな仕事に対しても本気で取り組み、経験を積み重ねていきたいと思います。

例文3 難関資格に挑んだ

わたしは、危険物取扱者(乙四)の資格を持っていたので、それを活かすために、ガソリンスタンドでアルバイトとして働いていました。

はじめは、給油作業や、車のメンテナンスなどを中心に仕事をしており、私は車が好きなので、楽しく働けていました。

しかし、数ヶ月経つと、次第に「さらに責任のある立場になりたい」、「もっと評価されたい」と考えるようになりました。

ちょうどガソリンスタンドでは資格取得費用の応援制度があったことから、私は、難関と言われている危険物取扱者(甲)に挑むことにしました。

半年間、毎日二時間ほど継続して勉強し、合格することができました。

資格の取得を通じて、危機管理についての知識が増し、任される仕事が増え、現在、やり甲斐を感じながら働けています。

参考に、自己PRの書き方を、別の記事に紹介しています。

自己PRの書き方