就職活動
  1. TOP
  2. 労働と法律
  3. 内定の辞退

内定の辞退ができるかどうか解説

内定の辞退と法律について解説します。

内定辞退について

学生の側から、内定を辞退することは、法律上、可能です。

なぜなら、内定とは労働契約の成立を意味しますが、労働者には、解約の自由(民法627条)があるためです。

→民法第627条第1項
「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了する。」

つまり、法律上、内定者は、いつでも、一切の制限なく、内定を辞退できます。

もしも、会社が「内定の辞退を認めない」と言ってきた場合でも、無視してかまいません。

なぜなら、会社の意思に関わらず、内定を辞退する旨を会社に伝えた日から2週間を経過すれば、自動的に内定辞退の効力が生じるからです(上記の民法627条を参照)。