ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 長所と短所の書き方
  3. 例文

気が長い/涙もろい,感受性が強い,共感性が高い

「気が長い」を長所とし、「涙もろい,感受性が強い,共感性が高い」を短所とする例文を紹介します。

例文1

私の性格を一言で言えば、気が長いということです。

それは、学生時代のオーケストラ部での経験で培われました。

私の部に入部してくる人は初心者ばかりというのが特徴でして、私は、毎年、何人もの新入生に、基礎から教えることになります。

素直にひたむきに努力す新入生もいますが、そうでない新入生もいます。

上達の遅い新入生には、やさしく、ときに厳しく、辛抱強く接しました。

そのような経験を何回も経験することで、気長さ、辛抱強さを身に付けました。

一方、私の短所は、涙もろいことで、人からよく「感受性が強い」と言われます。

悲しいときだけでなく、感動したときやうれしいときにも、すぐに涙が出てしまいます。

できるだけ、自分の感情を抑えられるように、努力しているところです。

例文2

私は、イライラすることがほとんど無いので、気が長い性格なのだと思います。

考え方がポジティブなのかもしれませんが、たとえば、待ち合わせをしているときに、相手から遅刻すると連絡があったとしても、「何か事情があるのだろう」、「待ち時間を他のことに使って有意義に過ごそう」などと考えます。

また、相手の話が長くても、口を挟まず、相槌を打ちながら、根気強く最後まで聞くことができます。

短所はと言うと、涙もろいことです。共感性が高いのは小さい頃からで、本や映画で泣いたり、友人と話していて、もらい泣きをしたりすることがよく有ります。

仕事をする上では、何かに感情移入せず、正常な判断ができるよう、感情と距離を取ったり、感情を転換させたりするよう努めたいと考えています。

参考に、長所と短所の書き方を、別の記事に紹介しています。

長所・短所の書き方