ヘッダー画像
  1. TOP
  2. 就活とSNS

SNS活用術

 就職に利用できるソーシャルメディアには、「Facebook」、「Twitter」、「Biz-IQ」などがあります。

 ソーシャルメディアを就職活動に役立てる方法を挙げてみます。

人脈を活用する

 友人や知人のつながりを利用し、就職活動に関する話や会社についての情報を尋ねることができます。
また、気になる相手にメッセージを送って、直接会う約束をしてもよいでしょう。

企業が発信する情報をチェックする

 大企業では、多くがフェイスブックのページを開設しています。
最新の情報が発信されていますので、ぜひ確認しましょう。

優れたビジネスマンが発信する情報をチェックする

 フェイスブックやツイッターで、定期的に発信している情報を確認します。
その人から得られるものを見つけ、自分のものとしましょう。

自分から情報発信する

 志望する業界に関する話題を記事にして投稿するなど、主体的に情報発信します。
ポイントは、同じようなテーマで継続的に情報発信し続けることです。採用担当者が見たときに、その分野に深い興味と知識を持っていることが、一見して分かるようにするためです。
また、志望業界に関連する記事に対してコメントしてもよいでしょう。自分のコメントに対する批判を見ることができれば、自分の見識を広げられるかもしれません。

志望企業の社員や関係者を探す

 コネクションのない人でも、会社名などのキーワードで検索をすると発見できる場合があります。
働いている人の仕事内容や活躍ぶりを知れることがあり、また、メッセージを送って情報交換することもできます。