就職活動
  1. TOP
  2. 長所と短所の書き方
  3. 例文

慎重・リスクを検討する/行動に踏み切れない

例文1

私は、子供のころから、大きな失敗をしたことが少ないです。
たとえば、何か物事を始めるようとするとき、必ず、そのリスクを考えます。
常に、あらかじめリスクを考え、大きなリスクのある行動を避けてきました。
この点は、私の長所であり、御社の仕事においても活かせると思います。
一方、このような性格のせいで、物事に取り掛かるとき、リスクの存在ばかりに気をとられ、なかなか行動に移せないことがあります。
今後は、迅速にリスクのチェックを済ませ、勇気を持って行動し、効率的かつ的確な結果を出せるようにしていきたいと考えます。

例文2

私は慎重な性格です。
学習塾でのアルバイトでは、わかりやすく教えるために、教える内容を自分であらかじめ十分に把握し、さらに、生徒に合わせた言葉を使うなど、伝え方に気をつけ、生徒のリアクションを逐一確認します。 しかし、考えすぎることも多く、なかなか行動に移せないときがあります。
また、初対面の人と話すことや、大勢の前で自分の意見を言うことがあまり得意ではありません。
社会人になるまでに、自分の考えを積極的に表現する機会を多く持ちたいと考えています。