1. TOP
  2. インターンの志望動機

インターンシップの志望動機の例文と書き方

インターンシップの志望動機として説明すべきことは2つあります。

「就業体験をしたい理由」と「他社ではなく、その会社を希望する理由」です。

「入社したい理由」ではない点に注意しましょう。

以下にオーソドックスな志望動機の作り方の一例を紹介します。

つぎの3点を盛り込みます。

1.就業体験をしたいと考えた経緯
 (例)
 ・経験不足を感じたことがある
 ・能力を向上させたい
 ・インターンへ行った先輩に勧められた

2.希望会社のインターンを知ったきっかけ
 (例)
 ・インターネットを通じて
 ・OBやOGの紹介で
 ・教授の紹介で

3.希望会社のインターンに応募したいと考えた理由
 (例)
 ・学びたいことがある
 ・達成したい目標がある

これらをもとに、たとえば次のような流れで文章を構成します。

私は、大学で○○○○○○を学んでいるところです。
学んでいることを活かすため、将来は、○○業界で○○職として働きたいと考えています。
 しかし、私は大学2年生の時の○○○○○○○○○という経験から、インターンシップを通じて、社会人として必要な能力や知識を身につける必要があると感じました。
 それ以後、インターンの募集を探していましたが、先日、インターネットを通じ、貴社がインターン生を募集されていることを知りました。
 私は、貴社のインターンシップが○○○○を特徴としていることから、貴社のプログラムであれば、~~に関する実践的な知識や、幅広い能力を身につけられると感じ、このたび志願させていただきました。

○補足:他の応募者との差別化

 なお、郵送で書類を送る場合には、大学の指導教授などの推薦状を添付すると、採用される確率が上がります。
 可能であれば、教授や教官にお願いし、用意すると良いでしょう。