就職活動
  1. TOP
  2. 自己PR文の書き方
  3. 例文

負けず嫌い/競争心

例文1 成績で負けたくない

現在、私は、食品会社からクレーム処理業務を請け負っているコールセンターでアルバイトをしています。
当初、私はクレーム処理が苦手で、お客様に納得してもらうようなご案内を、手際よく行うことができず、一日で10件程度しか処理できていませんでした。
しかし、あるとき、同時期にアルバイトを始めた人が一日に30件以上のクレームを処理していることを知りました。
私はそれを聞き、「負けていられない」と思い、成績の良いアルバイトの人に、コツを聞いて回りました。
すると、多くの方が、はじめにお客様の気持ちを聞き、それから事実関係を整理するという点が重要であるとおっしゃいました。
私は、アドバイスを参考にして、お客様への対応では、まず、謝罪をきっちり行うことを心がけ、それから、徐々に解決策を提示していくようにしました。
その結果、お客様の気持の変化をコントロールすることが徐々にできるようになり、今では、アルバイトの中で一番の好成績を収めることができています。

例文2 現状に満足しない

私は根っからの「負けず嫌い」です。
現在私は居酒屋でアルバイトしており、はじめは経験不足からミスが多かったので、他のスタッフに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
周りからは、「入ったばかりだから仕方がない」と言われていましたが、「このままではいけない」と思い、シフトをたくさん入れ、できるだけ経験を積み、業務に慣れることに努めました。
すると、次第に余裕が生まれ、お客様の表情をよく観察できるようになり、お客様がいま何を望んでいるのかがわかるようになりました。たとえば、お客様が店員を呼ぶ前に、自分から注文をとりにいったり、食べ終わった食器を迅速に回収したりすることができるようになりました。
結果、店長やスタッフからの評価が向上しました。
このように私は負けず嫌いであり、現状に満足することなく努力し続けることができます。